HOME > 肝疾患センターについて > センター長あいさつ

センター長あいさつ

s-image_kanc_01.jpg 佐賀県は長年にわたり肝がん粗死亡率ワースト1位が続いており、佐賀県の肝がんを減らすために、平成24年1月に現在の佐賀大学医学部附属病院 肝疾患センターが設立され、佐賀県と全面的に協力して肝炎・肝がん対策に取り組んできました。当センターのこれまでの取り組みとしては、⑴肝がん・肝炎に関する講演や肝炎ウイルス検査の勧奨などの多角的な啓発活動、⑵肝炎コーディネーター(肝炎について詳しい医療・福祉系スタッフ)の養成・活動支援、⑶県内の肝疾患のデータ収集を行い解析して、ICTを利用したデータの解析を元に肝臓の病気の予防や治療につなげる研究を行ってきました。また平成28年度からは厚生労働省科学研究費補助金事業として肝炎ウイルス検査陽性後のフォローアップに関する研究班の佐賀分科会として佐賀県で開発された肝疾患啓発の手法の全国展開へ向けた研究と活用をしているところです。
 佐賀県の肝がんは粗死亡率は毎年減少してきていますが、それでも最新の平成27年度調査では17年連続ワースト1となってしまいました。今後の我々の課題としては、上記に加え、肝炎ウイルス検査の未受検者や陽性と解りつつ受療をしていない未受診者が少なくないとされる就労者の支援(肝炎ウイルス検査の勧奨、治療の促進、そのための効果的な方法の開発)にも佐賀県や各関係部署と協力しながら対策を進めていきます。
 肝がんの原因の多くを占める、B型肝炎やC型肝炎の治療について、現在新しい治療薬が次々と登場しています。特にC型肝炎は従来の副作用の多かったインターフェロン治療から内服薬による治療へと移行し、ほぼ全例の患者様でウイルスを消失させることが出来るようになってきました。一人でも多くの患者様が治療につながり、佐賀県から肝がんがなくなることを目標に今後とも尽力していきたいと考えています。

佐賀大学医学部附属病院 肝疾患センター センター長・特任教授
江口有一郎