HOME > 一般の方・患者の方へ > B型肝炎について

B型肝炎について

定期的な血液検査、画像検査が非常に大事!

疫学・感染

 B型肝炎ウイルス(以下HBV)持続感染者は世界で約4億人存在すると言われており、日本でも感染率は1%と推定されています。HBVの感染はHBVが血液中に侵入することで成立します。母子感染(垂直感染)や乳幼児期の感染(水平感染)など乳幼児期までにHBVに感染すると、9割以上はそのまま感染が持続します。そのうちの9割以上は、肝機能は正常化しウイルスの活動性は低下しますが体内にウイルスは残存し続けます(非活動性キャリア)。残りの1割はウイルスの活動性は低下せず肝機能異常が続きます(慢性肝炎)。
 一方、成人になってからの感染は慢性化することはほとんどないとこれまでは言われていました。近年、海外から持ち込まれたタイプが異なるHBVが都市部を中心に国内で広まっており、慢性化する例が報告されています。

経過

 HBV感染と言っても、各個人で経過は異なります。多くはウイルスが体内に存在しても肝機能(AST、ALT等)が正常な状態ですが、肝機能異常が続く慢性肝炎や肝臓が硬くなる肝硬変に至る事もあり、肝がんを発症することもあります。また、成人での感染では高度の肝機能異常(急性肝炎)を起こし入院を要したり、なかには集中的な治療が必要な状態(急性肝不全)となることもあります。

症状

 HBVに感染しても症状がないまま経過することがほとんどです。よって、肝硬変や肝がんを発症した状態で初めてHBVに感染していたことがわかることもあります。

検査

 HBVに感染しているかどうかは簡単な血液検査でわかります。命を守るため、一度は検査を受けて下さい。検査で陽性であれば、肝機能異常の有無、HBVウイルス量、慢性肝炎・肝硬変に関わらず、肝炎の進行や肝がん発症がないか定期的な画像検査(エコー、CT、MRI検査)が必要となってきます。

治療

 慢性肝炎や肝硬変の方ではウイルスをたたく(抗ウイルス)治療が必要になります。具体的には核酸アナログ製剤での内服治療やインターフェロン注射が基本ですが、年齢や肝炎の状態により治療法は異なります。肝炎が落ち着いている場合は経過観察を行う事もあります。しかし、非常に進行した肝硬変や肝がんの方は抗ウイルス治療をすることができません。したがって、HBV検査を受けること、陽性であれば病態が進行する前に適切な治療を受けることが重要になります。
 肝炎が進行していなくてもまれに肝がん発症の可能性がありますので、肝機能障害がなくても定期的な画像検査(超音波、CT、MRI)は必須です。担当医と定期的に相談してご自分の状態を正確に把握することが大切です。

助成制度(医療費を軽くする制度)

 佐賀県では、県内に住民票があるの方を対象に助成制度があります。
● 一度もB型肝炎ウイルス検査を受けたことがない方→無料の肝炎ウイルス検査
● 肝炎ウイルス検査で要精密検査と言われた方→肝炎ウイルス精密検査費助成制度
● B型肝炎で核酸アナログ製剤での治療が必要と言われた方→肝炎治療費助成制度
● 慢性肝炎・肝硬変・肝がんで定期的な検査が必要と言われた方→肝疾患定期検査費助成制

詳しくは「医療制度・医療サービスに関する情報」ページをご覧ください。
佐賀県ではB型肝炎・C型肝炎の患者様の診療記録ノートとして「健康増進ノート」を活用しております。
健康増進ノート_ページ_01.jpg
↑健康増進ノート

厚生労働省科学研究によって作成したウイルス性肝炎啓発資材


▲ ページトップへ

B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎ウイルス推定感染者数

● 世界 約3億5,000万人
● 日本 約130~150万人(およそ100人に1人)

B型肝炎ウイルスへの感染

B型肝炎ウイルスに感染した血液や体液が体内に入ることにより感染!
【子供の場合】
● B型肝炎ウイルスに感染した母親から産まれる際に起こる感染(母子感染)がほとんどです。しかし、出生後でもウイルスを含む血液・体液が体内に入って感染してしまうこともあります。これまで保育園の先生から園児への集団感染や父親からの子への感染も報告されています。
【大人の場合】
● B型肝炎ウイルスに感染したパートナーとの性交渉の際に起きることがほとんどです。

感染を防ぐための予防が必要!

 B型肝炎の感染を防ぐために、B型肝炎ワクチンの予防接種があります。日常生活でウイルスに感染する可能性があることより、世界180か国以上でB型肝炎ワクチンがユニバーサル化・定期接種されています。
 日本ではこれまでB型肝炎ワクチン接種は任意接種でしたが、平成28年10月から定期接種に組み込まれることが決定しています。1歳までの乳児は無料です。お子さんの感染、将来の肝炎・肝がんを防ぐため必ず予防接種を受けて下さい。
 また、乳児だけではなく全ての年代の方にワクチン接種は有効です。特に、血液や体液に接することが多い職業従事者(医療従事者、警察官、消防士など)は感染のリスクが高いので接種が望まれます。ただし、B型肝炎ワクチンの効果は年齢と共に低下しますので(ワクチンを接種してもウイルスに対する抗体が作られにくくなる)、早めにワクチン接種を受けて下さい。
LinkIconB型肝炎の認知とワクチン接種行動の向上の取り組み

▲ ページトップへ