HOME > 一般の方・患者の方へ > C型肝炎について

C型肝炎について

定期的な血液検査、画像検査が非常に大事!治療でウイルスが消せます!

疫学・感染

 現在、C型肝炎ウイルス(以下HCV)の感染者は世界で1億7000万人、日本では150万〜200万人存在すると推定されています。HCVが血液中に侵入することで感染が成立します。かつては輸血などによる感染が多かったのですが、今では感染のチェック体制が確立しているため激減しています。現在は、刺青や覚醒剤の回し打ちなどでの感染が原因となっているようです。一方、母子感染や性行為での感染は低いと言われています。

経過

 HCVに感染すると、急性の経過で体の中から自然にHCVが排除される場合(約30%)とHCVが持続的に存在する持続感染となる場合(約70%)があります。 HCVが持続感染すると、肝臓は慢性的な炎症を起こし(慢性肝炎)、肝臓が硬くなる肝硬変や肝がんに進展することがあります。

症状

 HCVに感染しても自覚症状がないまま経過することがほとんどです。よって、肝硬変や肝がんを発症した状態で初めて感染していたことがわかることもあります。HCVに感染しているかどうかは簡単な血液検査でわかります。命を守るため、一度は検査を受けて下さい。

検査

 HCVの持続感染や既往感染などは簡単な血液検査でわかります。職域健診での肝機能検査はウイルスの検査ではありませんので、注意が必要です。慢性肝炎、肝硬変などの状態では肝炎の進行や肝がんの発症がないか定期的な画像検査(エコー、CT、MRI検査)が必要となってきます。

治療

 基本的にはHCV陽性者で全身状態の良い方はウイルスをたたく(抗ウイルス)治療が推奨されます。かつてはインターフェロン注射による治療が中心で治療中は頻回の通院が必要で副作用も多かったのですが、現在は副作用も少ない内服の抗ウイルス薬による治療が中心となりました。それらの新しい経口剤治療は、治療期間が短縮され、仕事や家事、育児の方においてもかなり負担が少ないと言えます。また、治療効果もこれまでよりも高くなっています。HCVのタイプや合併疾患によっても治療薬が異なります。注意点としては、ウイルスが消失しても肝臓についた傷は急には消えず、肝がんが発生してくることもありますので、抗ウイルス治療が終了しても、定期的な検査(血液検査、画像検査)が必要です。

助成制度(医療費を軽くする制度)

佐賀県では、県内に住民票がある方が対象です。
● 一度もC型肝炎ウイルス検査を受けたことがない方→無料の肝炎ウイルス検査
● 肝炎ウイルス検査で要精密検査と言われた方→肝炎ウイルス精密検査費助成制度
● C型肝炎で抗ウイルス治療が必要と言われた方→肝炎治療費助成制度
● 慢性肝炎・肝硬変・肝がんで定期的な検査が必要と言われた方→肝疾患定期検査費助成制度

詳しくは「医療制度・医療サービスに関する情報」ページをご覧ください。
佐賀県ではB型肝炎・C型肝炎の患者様の診療記録ノートとして「健康増進ノート」を活用しております。
健康増進ノート_ページ_01.jpg
↑健康増進ノート

厚生労働省科学研究によって作成したウイルス性肝炎啓発資材


▲ ページトップへ